読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

thinking time

とりあえず日々雑記。まずは書くことからはじめてみる。

花粉症以外にも。口内トラブルの強い味方

インフルエンザにもノロウイルスにもほとんどかかったことなく、
菌やウイルスに強いのですが、
唯一体のなかで弱いのが粘膜。

病院でそう診察を受けたわけではないのですが、
これまでの自分の経験から、そういう結論にたどりついた。
その理由は下記の通り。

花粉症である
口のなかにトラブルがおきやすい
(味がわからなくなったり、口のなかがかゆくなったり、舌がしびれたり)
からしやわさびを食べると鼻が痛い
→ゆえにどちらも苦手
風邪をひくと熱は出ず、喉と鼻にくる
疲れがたまるとデリケートゾーンにトラブルがおこる

これらの特徴に共通するのが、どれも粘膜部位だということ。

花粉症ももちろんつらいのだが、それ以上にしんどかったのが、口内のトラブル。
舌がつねにヒリヒリして、味も感じない、
何かに触れても痛いという最悪の状態。

口のなかに水を含んでいる状態(熱くも冷たくもない常温に限る)が唯一のいやしの時間で。
舌の周りがギザギザして変な感触でした。

口腔科にいっても原因不明でとりあえず粘膜にいいものと調べて
亜鉛サプリメントを飲んだらだいぶ回復。
亜鉛すごい!と感動したのを覚えてます。
医者の薬はまったく効かなかったのにね。

ということで、私のなかで粘膜が調子悪い時は
とりあえず亜鉛サプリメントを飲むことに。

これがけっこう効くのでおすすめ。

ディアナチュラ亜鉛(60日)

ディアナチュラ亜鉛(60日)



今花粉の影響で口のなかがめちゃめちゃかゆいけど、

亜鉛飲んだら少しマシになりました。

私が飲んでるのはコレね↑


粘膜弱い人の強い味方です。